靴底の張替え

良い天気の日曜日。暑くて、7分袖のシャツ1枚でちょうどいい。

f0183879_1853161.jpg
去年の春にローマで買ったビルケンの”ロンドン”というモデル。(日本の値段はヨーロッパの2倍だと知ったあの日)
この靴をはいてこの1年半くらい、色々な場所に行った。
ローマ、パレルモ、伊勢、ヴェネツィア、ミラノ、ヴィチェンツァ、パリ、カン・・・・
(地名をこうやって書くと、またアクセス解析した時にわけわからないワードでひっかりそうですね)
どっちもつま先に、黒っぽい汚れが丸くついてしまって、気付いた時にすぐ掃除したのだけど、ちょっと色が薄くなっただけで完全には除去できず。
そんな汚れも、旅の思い出。
・・・・さて、その”ロンドン”君も、とうとう靴底のゴムがすり減りすぎて靴本体のぎりっぎりのラインまで行きそうなので、冬が来る前に張替えに出すことにしました。

この靴、買って半年くらいはあんまり足に馴染んでる感じがしなくて・・・痛みとかは全くないのだけど、中敷きが固いというか甲が低いので中で足が動いているような感じがしていたのだけど、ある日突然
「あれ?ものっすごく楽になった?!」と感じる日がやってきて、それ以来持ってる靴で一番のお気に入りに。
ただ、服がそれなりに限定されるんですな。
普段はあまり凝った服は着なくて、シャツにジーンズみたいなのが多いので問題ないのですが、時折スーツとかワンピースを着るとなって、メーカーの違う靴をはくと、あまりの違いにすぐさま足が筋肉痛に(笑)
まずつちふまずが痛くなってきて、そのうち無意識にそれをかばうのか、両足の脛が張ってくる・・・
ビルケンの靴を知る前は、そういうの年中だったんだよなあ・・・。

今までよく行ってたお店が、突然閉店してしまったので
今日は別のお店に修理をお願いしました。
早く戻ってこないかな。

それにしても、今日の日差しはちょっと夏のようで(でも湿度が下がったから気持ちはいい)、どうも顔が日焼けしたらしく、家に帰ったら頬がヒリヒリします。
途中で座ってアイスコーヒーを飲んだ時に結構日光浴してしまったようです。
[PR]
by cantalupo | 2011-10-16 20:09 |