小鳥と船
http://barcarola.exblog.jp/


新しいブログにお引越しです。
そちらでも、どうぞよろしくお願いいたします。

2012年6月28日(木)
[PR]
前回の記事を書いてから大分経ちました。
博士リサイタルが終わったら少しゆっくりして・・・なんて予定だったのですが、色々と忙しくなりそれは今も続行中です。

このブログを始めたのは、イタリアでの留学生活が終わって、新しくまた東京で頑張ろうという頃でしたが、その頃ともまた状況が変わり、そしてこのブログは自分の名前を出したり出さなかったりとなんとも中途半端な感じになっていたのはまあ、ここ数年気づきながらも放置していました。

ひとまずここでこのブログは終えようと思います。
新しくまたブログを始めることがあったなら、またそちらでお会いできるのを楽しみにしています。
ありがとうございました。

渡邉 麻子
[PR]
f0183879_1641164.jpg


3月21日(水)に、2回目の博士リサイタルを無事に終えることができました。
聴きにいらして下さった方々、そしていつもハラハラしながら応援して下さる方々、家族や親せきのみんな、多分私以上に緊張して聴いていてくれた先生方・・・
そして、今回は何よりも一緒にレスピーギの「ローマの松」の連弾版を弾いてくれた、同期の森下唯氏。
ありがとうございました。
どんな演奏の場でも、激しい緊張に孤独感、色んな気持ちや体調やらなんやらすべてがいっしょくたになって、不思議な状態にある自分を、色んな方々が支えてくださっていて、成立しているんだなと、最近すごく感じます。

今回は、実は苦手に思っていた第6ホールで演奏しました。
なんで苦手かというと、大昔試験で大失敗したからなのですが(汗)、今回はGPの時から、ピアノがすごく弾きやすいし、変な圧迫感みたいなのもなくて、すごく落ち着いた気持ちで弾けました。
しかし、やっぱり怖いなあと思って弾いた曲は、今録音を聴きながらこれを書いていますが、動揺が全く隠せていない演奏をしています。反省・・・。

一昨日のリサイタルを、きちんと単位として認定してもらえれば、
来年度は修了に向けて、論文を書き、2013年の2月頃に「最終審査会」という名の演奏会を奏楽堂で開き、
私の終わらないように思ったG大での(精神的に?)苦しい日々(ってこの数年は通ってないか・・・)は終わります。
そのための準備がようやく整ったところでしかないので、これからがもっと頑張る時ですね。

あ!
リサイタルのために、プログラム・ノートを色々書いたのですが、当日予想以上に聴きにいらしてくださった方が多くて、途中から数が足らなくなってしまいました。
これを読んでいる方がいるかどうか怪しいところですが、もし、プログラム・ノートを読みたいという方がいらっしゃるなら、お知らせください。

最後に、改めて
ありがとうございました。
これからもがんばります。

渡邉 麻子
[PR]
# by cantalupo | 2012-03-23 17:03 | 演奏会
たまにやる検索ワードを調べてみたら

靴底

というワードから、このブログに飛んできた方が結構いるようです。
靴底・・・・・。
申し訳ないです、全然最近靴底どころか靴の話も書いてません。
冬になる前は、結構色んな靴をはいたり靴下にこってみたりした時期もありましたが、寒くなってからは、もっぱら今年買ったブーツしかはいてません。
そろそろ、白いスニーカーとかはきたい気分ですね。春はもうすぐな気がします。
[PR]
# by cantalupo | 2012-03-05 20:49 | 雑談
前にもまして、ブログ更新滞りまくりです。
Facebookやってると、もうそれで力尽きちゃうんだよなあ・・・なんて言い訳。
あまり変化に富んだ生活をしていない証拠です。
ひたすら暗譜に励み、プログラムノートを作り、時折ものすごい眠気に襲われながら、たまにピアノを教えたり、伴奏に行ったり、毎日気が付くと夜です。そして、暗譜のことで青くなる・・・・みたいな繰り返しです。
いけませんな。
パソコンで作業してる時は、最近もっぱらジャズです。
マイルス・デーヴィスとジョン・コルトレーンとチャールズ・ミンガスのどれかがいつもぐるぐるかかってるのですが、最近なんかの雑誌でこれいいぞみたいな感じで載ってたレイ・ブライアントも聴いてます。
何か思想があって、この4人を選んで聴いているというよりは、ただ人やら本やらでこれがいいと言われて、試しに聴いて、あ、なかなか面白いと思ってそのまま何年も聴き続ける・・基本的にクラシック以外の音楽はみんなそんな感じです。何かの特別なファンというのにもなったことがありません。
とりあえずヘビメタ以外は聴きます。でも、いつかヘビメタも好きになれるのがあるのかもしれません。

ファビオ・ランベッリというイタリア人の「イタリア的 南の魅力」という本を読んでいます。
いや、正確には前に一度斜め読みしたことがある本でしたが、今改めて読んでみて、不思議なことに自分の論文テーマに対する、うまく言葉に言い表せないで苦しんでいた部分の答えのようなものに触れていることに気が付き、読みなおしているところです。
21日のリサイタルは、弾くことはもちろん今現在恐怖を感じながら練習しているわけですが、それ以上に演奏の後に待っている、「指導員会議」というやつの対策が私を苦しめているような気がします。
今年は、ひどい受け答えをしたくありません。もう教授たちの哀しい顔は見たくありません。
21日が終わったら、何もかもすっきりした気持ちになりたいです(笑)


[PR]
# by cantalupo | 2012-03-05 20:46 | 雑談
最寄駅のそばにある図書館は、私が小学校に上がる時に開館して、その時から今に至るまで、私の生活にかかせないものとして存在している。
子供の頃は、ともかく親がもうやめなさいというくらい本ばっかり読んでいて、こそこそピアノの練習中にも読むので、年がら年中怒られていた。
朝から晩までずーーーーーーーーーっと図書館にいられたらいいのに、なんてことまで思っていた。

クラシックのCDもそれなりにあるので(といっても、20年以上も経った今はほぼみんな聴いてしまったけど)、Youtubeなんてものがない時代は、ちょっと伴奏のために聴いてみたい、次の曲を決めるのに聴いてみたい・・・なんて曲はみんなこの図書館のCDだった。(予約すれば他の図書館からも借りられるし)

留学中は、ともかく日本語の本に飢えていて、今まで読んだことないジャンルだろうが、ちょっと嫌いだと思ってた作家だろうが、なんでもあれば読んだ。電車に乗る時は、もう何回読んだかわからないお気に入りをいつも鞄に入れていた。
図書館が恋しかった。

なのに、最近は前ほど本を読まなくなり、図書館に行ってもぽーっとなってしまい、これだという本を見つけられず帰ることもある。

一昨日、ふと手にした本があった。
イタリアに関する本で、そういえば大分前に読んだような気がするなあと思ったのだけど、なんとなく借りてきて、読み始めると、まったく音楽のことは書いてないような本だったのだけど、今まさにカゼッラのことで、胸張ってここがテーマの核になるって言えそうなのだけど、何かもうひと押し欲しいなと感じていることが、書いてあった。
びっくりして、とりあえずメモ。
こういう、思ってもみなかったところからヒントが降ってくることってあるのねえ・・・・。
これ、本屋だったら見つけてない本だったと思います。そもそも、これはどこの棚に置かれて売られているのやら。

今日ひとつコンサートが終わって、ここから21日のリサイタルに向かっていけるので、
明日また落ち着いて、この本を読んでみようと思います。
[PR]
# by cantalupo | 2012-02-26 23:44 |
f0183879_1240899.jpg


一か月前です。
今年度もやってまいりました。
博士リサイタルの季節です。
・・・・今年度は年度末ギリギリの日程となりました。
去年はもう今頃終わって、伊勢旅行してたもんな・・・。

今年も、素敵なチラシを作って下さったのは
東京藝術大学美術学部 デザイン科 助教 の 柚木 恵介さんです。
去年の博士リサイタルのチラシと、またがらりと変わって今年は、かっこいい感じです。
演奏も、シャープに行きたいもんです。
柚木さん、いつもありがとうございます!!!!

さらに、チラシの下の方を注目!
今年は、カゼッラの作品だけでなくレスピーギの作品も演奏します。
圧倒的にレスピーギはカゼッラに比べて有名な作曲家ですが、同時期に活動していた二人で、ここにも以前書いたかもしれないですが、カゼッラとレスピーギが2人で連弾する録音というのが残っています。
実際に聴くことができたのは、レスピーギの交響詩「ローマの噴水」の連弾。
記録によれば、「ローマの松」も録音したそうですが、今のところそれを探し出せていません。
私が探せてないだけなのか、録音が簡単に手に入らないものとなってしまったのか・・・???
・・・・・話が長くなってきてしまいましたが、それを知った時に、私もやりたい!となってしまったわけです。
そこで、学部時代の同期・森下唯さんにお願いして、一緒に「ローマの松」連弾版を演奏してもらうことになりました。
ピアノであの、きらびやかな曲の世界をどこまで表現できるのか?!
お楽しみに!

一応、メインであるカゼッラの方のプログラムの今回のテーマは「音による伝記」。
というわけで、このコンサートの副題 I segreti della Giara というのは、実はカゼッラの自伝の題名です。
訳すと「甕の秘密」となり、なんだか意味深ですが、「甕」という作品があるのですね。

カゼッラの作品に対して、「カメレオンみたいな」という表現がよく使われるのですが、
確かに、彼はその時代時代の新しいものやいいと思ったものを、ある意味天才的なほど見事に自分の作品に取り入れていったという事実があります。
あまりにもそれがうまいので、なんだか自分のスタイルがないみたいな評価を受けてしまったようですが、そういうわけでもないのですよ、というのが私の研究テーマの一部になるわけです。
今回のプログラムでは、実際に「こういう作曲家風に、作品を作ってみた」、もしくは「この作曲家が好き」と本人が述べている作品を初期のものから晩年までの広い範囲で取り上げてみました。
あれ?このモティーフって、もしかして・・・あの曲?
なんてはっきりわかるものもあれば、説明を読んで、あ、そうなのね・・・。と思うくらいのものまで色々です。

去年度は、芸大の第1ホールというところで演奏しましたが、今年度は
第6ホールです。

さて、あと1か月。
練習はもちろん、プログラムノートもまだ完成していないので(もう1か月前からやり始めたけどきっと私は最後の最後までこれ作ってるんだろうな・・・)、頑張ります。
あと、体調管理。
無意味に緊張してネガティブ思考になってウジウジしないようにするのも必要だな(笑)

これから、チラシは順々に送りますので、もう少しお待ちください。
よろしくお願いいたします!
[PR]
# by cantalupo | 2012-02-21 13:23 | 演奏会
珍しくラジオを聴きながらこれを書いています。
さっきまで小曽根真さんの番組がやっていて、ジャズが流れていましたが、夕方は、なんか延々とロック?が流れていて、「俺の若い頃はさ、」みたいなトークを二人の男性が繰り広げていました。
普段は、家にあるCDやMD、もしくはYoutubeで自分が選んだ音楽を聴いているのですが、こうやってラジオで全然知らない音楽が勝手に流れてくるっていうのは、意外と楽しいものですね。
小学生の高学年くらいだったと思うのだけど、家にあった小さいラジカセでなんでもいいからラジオを聴こうと思ってがちゃがちゃやっていたら、突然韓国語が聞こえ始めて、びっくりして、それから数日はその局に合わせてこっそり、なぜかスパイ気分でそれを聴いていたんだけど、そのうち聞こえなくなってしまったという思い出が。
ラジカセで思いだしたけど、”浅ヤン”こと浅草橋ヤング洋品店が、オーディション番組みたいになってしまう遥か昔(笑)、そう江頭2:50が大暴れしたり、中華料理のシェフが出てきたりとか意味不明だった時に、クラスの一部で、あまりにも浅ヤンが面白いって言うんで、テレビの前にラジカセを置いてカセットに録音して次の日に放課後教室でこそこそとそのテープを聴いて、再び大ウケするということをやっていた時期がありました。
テレビをカセットに録音するって、今の大学生とかに話したら、それこそ大ウケ、もしくはどんびきなんでしょうか(笑)
[PR]
# by cantalupo | 2012-02-11 22:01 | 雑談
お酒はほとんど飲めませんが、コーヒー、お茶は朝から寝るまでの間にちょくちょく飲んでいます。
その中でも、好きなのはウーロン茶で、隙あらば渋谷にある中国茶専門店に行きたいと思っているけれど、時間とお金的になかなかそうもできず。
とりあえず家には各種お茶がそろっています。
でもやっぱり一番あると嬉しくなるのは鉄観音。
お正月に、実はお茶の福袋なるものを購入。
そこに鉄観音が入っていたので、最近はそれを夕飯後に飲むことが多いです。
ウーロン茶は大体どれもそうなのだけど、あの鼻に抜ける花のような清々しい香りと、独特の味が、必ず一口目に、「あ、これがリラックスするって感覚ね」としっかりわかる、あの感じが駆け抜けます(笑)
冬に湯船につかる感覚と同じですよ。

さて、私は頭痛持ちです。
以前、頭痛にはウーロン茶がいいという噂を聞いたのですが、真偽のほどがわかりません。
検索すると、お茶のお店なんかでは色々な病気に効くとかそういうことのひとつに頭痛にもいいなんて言っていますが、普通の人のブログなんかで、お茶を飲むと偏頭痛が起こるとかそんな情報も出てきます。
効能はよくわからないけれど、あの一口目のリラックス感が、緊張して起こる頭痛とかに効くって意味なんでしょうか?
弟も頭痛持ちなのですが、2人の間で共通している対処法は
痛くなりそうなら、すぐに薬を飲んで、ともかく体を温める。
(一番いいのは、誰がなんと言おうと布団にもぐりこんで、本当に寝なくていいから目を閉じていること)
実は今日、帰宅してから偏頭痛がひどくて、この私が食欲すら失せてしまい、とりあえず一口食べてから薬を飲んで、すぐにストーブ前でこめかみをもみながら目を閉じたところ、割と早く傷みが去っていきました。
やはり、この方法がベストなのかしら?
痛みが去ってから、ウーロン茶は飲んだので真偽のほどは今回もわからず。

話はものすごく飛びますが、最近ふと気がついたら自分の持ち物に緑のものが多くなっています。
もともと、蛍光ペンの緑みたいな色が好きだったのですが、小物にその色が増えてるし、この冬に唯一買ったズボンは、濃い緑色・・・・・
そして機種変した携帯は・・・・・ボタンがひとつ黄緑色!
好んで使うポストイットは黄緑
・・・・・髪の毛を茶色に染めるようなことがあるなら、是非緑色のセーターをさらりと着こなしてみたい!
でも、髪は染めたくないから多分ないか(笑)

今日、論文指導に行って意外と好感触でした。
うむ、これを3月の指導員会議で堂々と厳しいツッコミにも萎えない強い気持ちと共にスムーズに話せれば、去年度のように場が凍りつかないのかな・・・。
頑張ろう。
そうだそうだ、私が勉学において最初から素晴らしい評価だったことは今までに一度もないじゃないか!(笑)
[PR]
# by cantalupo | 2012-01-27 22:38 | 雑談
例年より遅い初雪だそうで。
寒いです。
こんな日に飲む鉄観音はたまりませんな。

さて、1週間くらい色々と重なりすぎて頭がまとまらないままでしたが、今日の約束を来週に変更をお願いして、溜まりまくった提出物やらなんやらの資料やら報告書を作成したりしました。
練習もしないといけませんが、寒くてピアノの部屋に行きたくない・・・このままストーブの前にいたい・・・。
明日は、テストの伴奏で集合が早いです。
交通機関がただでさえいつも遅れがちな場所なので、雪のことを考えて、どうやら6時半前に家を出ないとならないようです。
しかも、駅からの学バスに乗れないんですって。はー。
明日はちゃんと昼ごはんを食べる時間はあるけれども、午前中に連続で30曲くらいだーーーーーーっと伴奏するので、午後からの試験に備えて休み時間は静かな場所で瞑想でもしたいものです(笑 そのまま寝ちゃうんだろうけど)
すみません、昼休みに私がいなかったら試験会場のどこかで休んでます。サガサナイデクダサイ。

来週からは、博士リサイタルに向けての生活になれそうです。
(要するに仕事ががくっと減ってしまうということのポジティブな言い方)

おいしいパンとおいしいオリーブ・オイル。
なぜか、そのことばかりここ数日考えています。

あと、最近スマホへの機種変について、考えています。
しかし、今の私の携帯代がびっくりなほど安いらしいので(携帯は本当に電話とメールとしか使わない)、ただなんとなく面白そうだからと言って替えるのはどんなものだろうか、というのが小さい悩みです。
スマホにしたら、年中Facebookとかやってそうで、怖い・・・・。
結構自分の周りにこの話をすると「そんなに安い料金なら、今のままでいなよ」と必ず言われます。
そういうことなのかもしれません。
それより、パソコンを買い直すのが先かもな。

年中、音楽についてとか考えるような崇高な人生ってどんな感じなんだろうな・・・・。
私の頭の中はいつも、色んなことがあっちいったりこっちいったりしていて忙しないので、純粋に音楽を愛してる!とかなかなかなれません。
忙しないからこそ、カゼッラと出会っちゃったような気もしますが。
そういえば!!!2月に、カゼッラの交響曲の演奏会がなんとN響であるそうですよ。
師匠から、券をいただき私は非常に喜んでコンサートの日を待っています。
[PR]
# by cantalupo | 2012-01-20 17:35 | 雑談